介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

PDCA

PDCAを回す? 不都合な事実


何か仕事を進める上で、
PDCAは基本であり当たり前とされている。
1.計画を建て
2.実行して
3.計画と照らし合わせて、結果を点検・評価して
4.改善する
これを、繰り返して行くことを「PDCAを回す」なんて表現をします。

 

 

 

 

※PDCAってなに?という方は
ウィキペデイアの解説をご覧ください。

「PDCAを回す」ことが、介護の世界に導入され
(ケアプランの研修などでも)
「当たり前」として扱われている印象が強い。

介護の世界では、
「ビジネスの世界より遅れている」という妙な
思い込み
というか
レッテル貼り
されている
というか
はっきり言えば
「洗脳されている」状態だと思う。

ところが、
PDCAには、不都合な事実がたくさん存在している。

一つ目
思っているほど、PDCAをガリガリ回している組織は少ない。

というか
多くのビジネスパーソンは悩んでいる。

その証拠に
本屋に行けば、たくさんのPDCA関連書籍が並んでいる。

そして、コンスタントに売れている。

これは、
その本を欲しい人が多いことを意味する。

「欲しい」と思っているということは

それについて悩んでいる。

「悩んでいる」というこは

「できていない」

本屋に豊富なPDCA関連書籍があるということは
PDCA回すことが当たり前だと思っている
でも、できない人(達)がたくさん存在している。

ことを意味している。

だから、まずは
「PDCAが回せない私(達)」は劣っている

という、思い込みから離れてみよう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

そんなときにどうするか。

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は、別の分野で学んだことを皆さんにシェア。 これまで学んできたことの一…

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

ページ上部へ戻る