介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

最近の記事

  1. PDCA

    2018.06.14

    PDCAの強さ
  2. 2018.06.12

    部下との面談
  3. 2018.06.11

    誤ったら謝る

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

部下との面談

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは
業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。

あなたの事業所では、面談行なわれていますか?

していないのであれば、ぜひしてください。

特に、ユニットケアの事業所では重要です。

 

うまく行えば人材定着に繋がる面談も

やり方を間違えれば、

単にプレッシャーを与えているだけ。

ひょっとしたら、主体性や自主性を奪っているかもしれません。

上司が一方的に喋っておしまい。

部下が話さ(話せ)ない

面談になっていませんか?

 

人財が定着している事業所の特徴に

「安心」があります。

「安心」して働ける職場は定着率が高く

「不安」な職場は定着率が低いのです。

厳しさ、忙しさより重要な項目なのです。

良い面談はスタッフに

「ちゃんとみてもらっている」

「自分のことを理解しようとしてくれている」

「一緒に考えてくれている」

という安心感を提供できます。

上司よりも部下にたくさん話してもらうことが

一つの指標です。話時間のバランスは3:7を目指しましょう。

上司が3
部下が7です。

あなたとチーム、ご使用者のハッピーのために
小田昌敬でした。

-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

うまくいかなかった時の対応法

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 何かを試みて うまくいかないこと、あると思います…

メルマガ【先人たちの元気の出る言葉】より「失敗した時は」

「失敗した時は、  必要な経験を積んでいるんだ、  教えてもらっているんだ         と思うことだね。」 …

業務改善のための4つの視点チェックシートバージョンアップ V3.21

介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 現行バージョンは 3.21です。 C-08「採用中プロセス中に「嫌…

ページ上部へ戻る