介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

作らされた目標と作った目標


こんにちは
業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。

昨日は鹿児島県のクリニックさんで部門別の課題・目標・行動明確化研修&ファシリテーションでした。

部門ごとに目標を出しても

□足りない

□具体性がない

□動かない

□変わらない

□達成しない

なんてことはないでしょうか。

これらは、

状況認知が出来ていないことに加え

目標が自分事でないことから発生します。

 

こちらのクリニックさんは、

働き方改革の目標ラインを現段階でほぼクリア!

なのですが、その分、報酬改定の単価引き下げ分

稼働率を上げないと、給与や休みが維持できなくなる

(↑これ上司が部下に言っても通じない代表例)

という共通理解からはじめ

より良いサービスと職員処遇の両立するための行動目標を

現場から出していく流れで進めています。

 

同じ現場が自ら作った目標でも

×割り当てられた数字の目標と、上司が喜びそうな行動目標

◎自分たちが必要とする数字を把握し、それを達成するために考えられた行動目標

では

◎具体性

◎(望ましい)行動変化

◎達成に向けた行動量

すべてに差が出ます。

時間内もしくは、残業1時間範囲内での進行のため

進捗は一歩一歩ですが

変化が楽しみです!

あなたの職場でも

1)自分たちが必要とする数字を把握し

2)それを達成するための行動を考える

を試してみてください。

 

きっと良い変化が生まれますよ。

あなたとチーム、ご使用者のWell Being(幸福)のために
小田昌敬でした。

-----------------
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護事業へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をぽちっとしていただけると嬉しいです。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マスコミの煽り報道に試みだされるな!新型コロナウイルスの情報源

こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。 連日、中国から発生し全世界に広がった 新型コロナウイルス テレビ番組、新聞、雑誌で連…

介護と作業

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 現場で業務改善とは お客様へのサービスを向上させる スタッフの手間を減ら…

ケアマネージャー1月号

サビ担ってどうやって仕切ればいいの?

「サビ担をうまく仕切れるファシリテーションをおしえてください。」 社名をファシリテーター株式会社にしているせいか サービス担当者会議…

約4人に一人が人間関係で退職している

「約4人に一人が人間関係で退職している」 世の中は「あなたらしさ」「個性を大切に」「自分らしくはたらく」と言う言葉が躍っています。 …

職場で必要とされるもっと価値ある自分になる の目次

10月9日に発売する 「介護職のための新入社員研修テキスト マインド&マナー編」  ~職場で必要とされるもっと価値ある自分になる~ …

ページ上部へ戻る