介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

介護現場のための成果の出る目標の立て方 目標はSMARTに 2

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Measurable(計測可能)

目標に向けての進捗度や達成度を(できれば客観的に)確認するために数字で表現できるとよりよいです。

「体重を3kg落とす」という目標は何を計測すれば良いのかが明確なので、目標にどこまで近づいているかを計測することができますよね。

もし、数字化が難しければ、目標を達成したときの状態や過程上の変化で、数字で表現できるものを探してみると良いでしょう。

Agreed(納得している

目標を高く持つこと自体はとても良いことである一方、あまり高すぎる目標は「どうせ無理!」という感情の原因にもなります。

大切なことは目標に対して納得している、すなわち「できる」と思っていることです。

「物理的に達成不可能な高い目標を掲げるのは避けるべきだ。」という方もいらっしゃいますが、目標を意識していると、そのチャンスや情報に出会う可能性が高いことが知られています。

妄想も具体的な行動が伴ってくると大きな目標と言えます。

私たちは様々な可能性を持っています。その可能性を無視して、つぶししまわないよう部下を育てたいですよね。ですから、高い目標を否定するのではなく、そうなるための具体的な行動を引き出すようにサポートしてあげてください。

続く。。。

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「欠点」?「未熟」?「伸びしろ」?

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 以前の記事「部下との面談」 では、 部下に7割喋らせろ と書きま…

山口県デイサービスセンター協議会様「管理者研修会」終了しました。

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 昨日は、山口県デイサービスセンター協議会様の管理者研修にて 「職場…

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

ページ上部へ戻る