介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

介護現場のための成果の出る目標の立て方 個人目標三つのコツ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コーチングを学んだ人はご存知でしょうが

個人目標は
1)Be ゴール(目標)
2)Do ゴール(目標)
3)Have ゴール(目標)
3つの視点で作ってみると、より明確になります。

Beと言うのは、自分がどういう人間に「なる」か、と言う目標のこと。
Doと言うのは、何をするか?
Haveはどんなモノが欲しいか?

例えば、「車を買う」や「資格を手に入れる」と言う目標はhaveのゴールになります。
スキルや能力を身につけることもHaveゴールになります。

ほとんどの人は目標と言えば「haveゴール」の イメージがつよいのですよね

例えば「100万円貯める」なら、
Be:無駄遣いしないような人になる
Do:お金を毎月5万円貯金する
Have:100万円貯まる
という感じで、BeとDoを補うと、より目標が鮮明になります。

また、「信頼される介護職になる」
Be:信頼される介護職になる
Do:丁寧な行動をする
Have:たくさん、ありがとうと言われる
という具合に、DoとHaveを補います。

ときどき、Be,Do,Haveどれに当てはまるのか曖昧に感じることもあるでしょう、その場合は細かいことは気にしなくて構いません。ポイントは、いろんな表現をすることにあります。

次回、語尾にこだわるに続く

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「欠点」?「未熟」?「伸びしろ」?

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 以前の記事「部下との面談」 では、 部下に7割喋らせろ と書きま…

山口県デイサービスセンター協議会様「管理者研修会」終了しました。

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 昨日は、山口県デイサービスセンター協議会様の管理者研修にて 「職場…

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

ページ上部へ戻る