介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

介護現場のための成果の出る目標の立て方 語尾にこだわりを


「努力する」「意識する」「徹底する」「めざす」という言葉が使われた目標は成果が出にくいでしょう。

ある調査によると、努力することを前提としたチーム目標は達成されない可能性が非常に高いことがわかっています。
なぜ、こんなことがおこるのかというと、語尾によって、目標の重さが全く変わってくるからなのです。

たとえば何かのスポーツをしているとして「日本一になる」「日本一を目指す」両方を口に出してみてください。
なんだか自分にかかってくる重さというかプレッシャーが違う気がしませんか?

目標達成力の高い人には理解しがたいことかもしれませんが、「目指す」にした瞬間に、目標への執着というかこだわりが減少するため、「これぐらいでいい」という(あきらめの?)時期が、「なる」とした場合に比べ早くやってきしまうんですね。

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

業務手順書のお手本

私が業務改善関連講座で、細分化のお手本として紹介する業務手順書のページです。 おむつ交換のマニュアル、業務手順書づくりのプロがつくると…

悲劇「エースの退職」を起こさない業務改善

業務改善を進めていて 嫌なことの一つにリバウンドがあります。 業界全体に人手不足感があり 「募集をして…

「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の日程(2018年1月〜3月)

お茶の水ケア学院主催 「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の開催日程が更新されました。 業務改善の4分野描く10項目のチェッ…

残念なチーム

残念です、お話をきいていて。 真面目に本質的な課題に取り組もうとした人がスポイルされる組織。 上司がBad News Firstしろ…

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

ページ上部へ戻る