介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

介護現場のための成果の出る目標の立て方 語尾にこだわりを

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「努力する」「意識する」「徹底する」「めざす」という言葉が使われた目標は成果が出にくいでしょう。

ある調査によると、努力することを前提としたチーム目標は達成されない可能性が非常に高いことがわかっています。
なぜ、こんなことがおこるのかというと、語尾によって、目標の重さが全く変わってくるからなのです。

たとえば何かのスポーツをしているとして「日本一になる」「日本一を目指す」両方を口に出してみてください。
なんだか自分にかかってくる重さというかプレッシャーが違う気がしませんか?

目標達成力の高い人には理解しがたいことかもしれませんが、「目指す」にした瞬間に、目標への執着というかこだわりが減少するため、「これぐらいでいい」という(あきらめの?)時期が、「なる」とした場合に比べ早くやってきしまうんですね。

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「欠点」?「未熟」?「伸びしろ」?

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 以前の記事「部下との面談」 では、 部下に7割喋らせろ と書きま…

山口県デイサービスセンター協議会様「管理者研修会」終了しました。

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 昨日は、山口県デイサービスセンター協議会様の管理者研修にて 「職場…

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

ページ上部へ戻る