介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

「なんとなく」をなくすことがプロ意識


「プロ意識を持って」と言われます。

なんとなくわかったような、わからないような、分かったふりをしていました。

そして昨日飛び込んできたキーワードが「なんとなく禁止!」

インターネット予備校?
ベリタスアカデミーの坂木さんの「中3の皆さんへ」というYOUTUBEにアップされた動画

ここの1分過ぎあたりからはじまる「受講のポイント1」が「なんとなく禁止」!
————————————
(以下、京都弁のイントネーションンで読んでください)
なんとなく解いて、
なんとなく答え合わせして、
すぐに次に進んじゃうって方
多いんですけど

それをやると、
ぜんぜんのびないので
やめましょう。

今日からやめるだけで
伸びていきます。
————————————
イタタ、、、なんとなく勉強してたから、、、こんなになったのね(自爆)

そして、ようやく手に入れた
『組織(チーム)で生き残る選手 消える選手』吉田康弘著 祥伝社新書

アマゾンをお使いの方はこちら

68ページ
————————————
「プロ意識」と言いますが、私は、サッカーでは
「ひとつひとつのプレーへのこだわり」だと思います。

具体的には
「なぜ、今そのパスを出したのか」
「なぜ、今ドリブルをしたのか」
「なぜ、今そこへ動いたのか」
という意図です。

意図あるプレーとは
試合展開のなかで、
なぜ、そのプレーをしたのかを
説明できることです。

めまぐるしく、
展開の変わるサッカーの試合では、
レベルが上がるほど、
選手個々の一挙手一投足に必ず意図があります。

いや、なければならないのです。

一番してはいけないことは、
「なんとなくプレーすることです。」

————————————

この二つのメッセージが

————————————
なんとなく動いて
なんとなく仕事が流れて、
すぐに次に進んじゃうって方
多いんですけど

それをやると、
ぜんぜんのびないので
やめましょう。

今日からやめるだけで
伸びていきます。
————————————
「プロ意識」と言いますが、私は、介護では
「ひとつひとつの動作へのこだわり」だと思います。

具体的には
「なぜ、今その声掛けをしたのか」
「なぜ、今その動きをしたのか」
「なぜ、今そこで、その介助をしたのか」
という意図です。

意図ある介護とは
ケア展開のなかで、
なぜ、その行動をしたのかを
説明できることです。

めまぐるしく、
展開の変わるお年寄りの気分や生活の場では、
レベルが上がるほど、
スタッフ個々の一挙手一投足に必ず意図があります。

いや、なければならないのです。

一番してはいけないことは、
「なんとなく業務をすることです。」
————————————
と聞こえてきた。

「意図」を持つ、からこそ、失敗がより良いケアの糧になる。

そんなことを感じた、出来事でした。

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悲劇「エースの退職」を起こさない業務改善

業務改善を進めていて 嫌なことの一つにリバウンドがあります。 業界全体に人手不足感があり 「募集をして…

「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の日程(2018年1月〜3月)

お茶の水ケア学院主催 「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の開催日程が更新されました。 業務改善の4分野描く10項目のチェッ…

残念なチーム

残念です、お話をきいていて。 真面目に本質的な課題に取り組もうとした人がスポイルされる組織。 上司がBad News Firstしろ…

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

混乱

「認知症」を「にんち」と言っていません? 新人が知らない単語のおまけ(略語編

新人の知らない単語 の補足です。 略語は、専門(業界)用語の最も進化した形態といえます。 そんため、新人(特に他業種から来た人)に…

ページ上部へ戻る