介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

生活支援的食事ケア1 嚥下と咀嚼、姿勢確保の基礎知識。


誤嚥を防ぎ、食事の満足度を高める基礎といえる正しい食事の姿勢を確保について、基礎知識を身につけ、意識を高めることを目的としています。

食事をとる時の机と椅子の高さは、食事の自立度に大きな影響を与えています。
そもそも、一般的なの机(高さ70cm)と一般的な椅子(概ね座面高が約43±2cm)は身長170cm以下の人にとっては高すぎます(もちろん個人差はあります)。身長が低くなればなるほど、常に肘を持ち上げた状態でないとスプーンやお箸を使えなくなりますし、食器に何が入っている見えなくなることも有ります。このため、食べこぼしや食べ残しの原因になっている可能性もありますので、机と椅子をその人に合わせたサイズにすることは自律度を高めていくうえで、とても大切なポイントになります。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マスコミの煽り報道に試みだされるな!新型コロナウイルスの情報源

こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。 連日、中国から発生し全世界に広がった 新型コロナウイルス テレビ番組、新聞、雑誌で連…

介護と作業

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 現場で業務改善とは お客様へのサービスを向上させる スタッフの手間を減ら…

ケアマネージャー1月号

サビ担ってどうやって仕切ればいいの?

「サビ担をうまく仕切れるファシリテーションをおしえてください。」 社名をファシリテーター株式会社にしているせいか サービス担当者会議…

約4人に一人が人間関係で退職している

「約4人に一人が人間関係で退職している」 世の中は「あなたらしさ」「個性を大切に」「自分らしくはたらく」と言う言葉が躍っています。 …

職場で必要とされるもっと価値ある自分になる の目次

10月9日に発売する 「介護職のための新入社員研修テキスト マインド&マナー編」  ~職場で必要とされるもっと価値ある自分になる~ …

ページ上部へ戻る