介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

のび太とジャイアン


介護職と看護職の意見の相違

現場によっては、
確執と言ってもよいぐらい対立
があることは珍しくない。

全員がそうではないことはわかっているが

多くの場合看護職が介護職を下に見ている

いわゆる上から目線

それぞれに専門領域が違うのだから
上だ、下だというう方がナンセンスだと思うのだけど

弁護士と税理士

どちらも、領域の違う専門職

この場合、なんとなく弁護士の方が上ととらえる人が多いのではないか。

何となくの上下関係
だけど、同等だと思っていても
そこには何かがある。

まるで、のび太とジャイアンの関係のように

同じ小学校の同級生でも
ジャイアンがのび太より上にいるかのようにふるまっている。

のび太がジャイアンに何かを言っても

それが
正しいことでも
相手のためになることであっても

「のび太のくせに」
の一言で、終わり。

では、のび太の立場から
ジャイアンに対等に見てもらうようになるために
何をすればよいのか?

この答えが、
介護職が看護職から対等だと認めてもらえる
ための行動に近いのでは?

とおもう。

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

スタッフへの声掛け

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 「声掛け」 お年寄りへの働きかけ としてよく使われる行動です。 …

ページ上部へ戻る