介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

リバウンドのない業務改善の流れ3「仕事を支える三つの視点」

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おはようございます、ファシリテーターの小田昌敬です。
今日は「仕事を支える三つの視点」の続きです。

仕事は「ルールや仕組み」に支えられていますが、その「ルールや仕組み」は「環境」と「考え方」によって支えられている。
言い換えると、持っている「環境」とスタッフの知識やスキルなどの頭の中にある「考え方」が前提条件と考えられます。

そして、「環境」も「考え方」も変動しています。

それぞれが、強化、進化しているのであれば喜ばしいのですが
「環境」や「考え方」が弱くなり「ルールや仕組み」を支えきれなくなることが問題なのです。

たとえば、新人が入ってきたときは、普段の仕事に加え新人を指導・教育する仕事が付加される人が出てきます。
これは、ご利用者に対して使う時間を新人教育に振り分けているか、新人受入れ前より負担が大きくなっていると考えられます。

一人、二人なら大丈夫でしょうが、数が多くなってくると

どちらかがおろそかになるか無理になってくる人数の限界点がどこかにあるでしょう。
仕事を支える三角形B
上図のように、環境が小さくなり、支えきれなくなるというイメージです。

人の出入りが激しい介護業界と言われていますが
(個人的には、誇大表現だと思っています。3年以内の離職率なども中小企業のデータと比べてみれば、さほど差がないのでは?)

負担が大きくなった時期の仕組みを準備しているところはほとんどありません。
ほぼ、「業務がきつい」「業務が回らない」という現場の声が出てから、対応を考えています。

きっと
インフルエンザなどで、複数のスタッフが出勤停止になったとき
普段とは違うやり方になっていると思います。

介護場面に人手が不足しているという点においては一緒ですから
同じように、新人を入れるということは「業務負担が増す」という前提で、
仕事のすすめ方を見直すことをおススメします。

新人と一緒に行動をするときは、丁寧さを優先した仕事をしてください。
現場では、作業スピードを求める声がどうしても出てきます(というか、多い!)

「さっさと済ませて」「おそいわねぇ」「もっと早く」・・・

このような言葉を聞き続けると

丁寧<速度

丁寧な仕事をしても褒められないけど
早く仕事をした時には評価される風土(空気・人)があると
完璧!

雑な仕事をする人の増産確定です。

想像してみてください、
雑な仕事をする人が増えた現場・・・

あなたは、どんな職場でどんな仲間と働きたいですか?

では、また次回!

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

山口県デイサービスセンター協議会様「管理者研修会」終了しました。

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 昨日は、山口県デイサービスセンター協議会様の管理者研修にて 「職場…

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

うまくいかなかった時の対応法

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 何かを試みて うまくいかないこと、あると思います…

ページ上部へ戻る