介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

「業務に追われる」という言葉の意味 リバウンドのない業務改善の流れ5


こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。

「業務に追われる」

看護・介護の現場で良く聞かれる言葉です

しかし、この言葉を受け取るときには、とても注意が必要です。

ちょっと、想像してください。

17:30が定時の退勤時間ですが
やることが多く、毎日19時くらいまでは仕事をしています。

今日は、スぺシャルデー!
仕事終了後、他の仕事をしている友人達と18時に集合し一緒にスノボに行く約束をしています。
(スノボが×であれば、飲み会でも、ライブでも好きな事ならなんでもOK)

こんな時、
あなたは早く仕事を終えてやろうと
もくもくと
いつもより、早いピッチで仕事をしているのではないでしょうか?

この時、
「仕事を早く終わらせたい」という気持ちはあるでしょうが
「業務に追われている」という感覚があるでしょうか?

いろんな方にお話しを聞いてみましたが、
多くの方が、楽しいことのために、仕事の密度が上がっていても
「業務に追われている」とは感じていないようです。

このことから「業務に追われている」という言葉は
きわめて、主観的、感情的な言葉であることがわるのではないでしょうか?

前回、今の環境と考え方で支えられない仕組みは一旦見直しましょう。
という提案をしました。
リバウンドのない業務改善3
リバウンドのない業務改善4

相反することを言っているように聞こえるかもしれませんが

「業務に追われている」状況から脱却しようと思えば
仕事に優先順位をつけ、調整する物理的解決感情的解決

両方を念頭に置いてほしいのです。

物理的解決と感情的解決
それぞれについて、あなたができることは何ですか?

では、また次回

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

そんなときにどうするか。

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は、別の分野で学んだことを皆さんにシェア。 これまで学んできたことの一…

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

ページ上部へ戻る