介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

「業務に追われる」という言葉の意味 リバウンドのない業務改善の流れ5


こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。

「業務に追われる」

看護・介護の現場で良く聞かれる言葉です

しかし、この言葉を受け取るときには、とても注意が必要です。

ちょっと、想像してください。

17:30が定時の退勤時間ですが
やることが多く、毎日19時くらいまでは仕事をしています。

今日は、スぺシャルデー!
仕事終了後、他の仕事をしている友人達と18時に集合し一緒にスノボに行く約束をしています。
(スノボが×であれば、飲み会でも、ライブでも好きな事ならなんでもOK)

こんな時、
あなたは早く仕事を終えてやろうと
もくもくと
いつもより、早いピッチで仕事をしているのではないでしょうか?

この時、
「仕事を早く終わらせたい」という気持ちはあるでしょうが
「業務に追われている」という感覚があるでしょうか?

いろんな方にお話しを聞いてみましたが、
多くの方が、楽しいことのために、仕事の密度が上がっていても
「業務に追われている」とは感じていないようです。

このことから「業務に追われている」という言葉は
きわめて、主観的、感情的な言葉であることがわるのではないでしょうか?

前回、今の環境と考え方で支えられない仕組みは一旦見直しましょう。
という提案をしました。
リバウンドのない業務改善3
リバウンドのない業務改善4

相反することを言っているように聞こえるかもしれませんが

「業務に追われている」状況から脱却しようと思えば
仕事に優先順位をつけ、調整する物理的解決感情的解決

両方を念頭に置いてほしいのです。

物理的解決と感情的解決
それぞれについて、あなたができることは何ですか?

では、また次回

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

業務手順書のお手本

私が業務改善関連講座で、細分化のお手本として紹介する業務手順書のページです。 おむつ交換のマニュアル、業務手順書づくりのプロがつくると…

悲劇「エースの退職」を起こさない業務改善

業務改善を進めていて 嫌なことの一つにリバウンドがあります。 業界全体に人手不足感があり 「募集をして…

「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の日程(2018年1月〜3月)

お茶の水ケア学院主催 「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の開催日程が更新されました。 業務改善の4分野描く10項目のチェッ…

残念なチーム

残念です、お話をきいていて。 真面目に本質的な課題に取り組もうとした人がスポイルされる組織。 上司がBad News Firstしろ…

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

ページ上部へ戻る