介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

「何のために働いているのか」リバウンドのない業務改善の流れ6


こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。

今回のテーマは「何のために働いているのか」です。

「何のために」の部分は「目的」を指しています。目的とは「何か(誰か)を、想定する状態にしようする行為」といえます。

 多くの人にとって一番最初に発想される「働く目的」は自分や家族の命を保つための給料を得ることでしょう。

 「働く」には「はた(傍)らく(樂)」で、傍(周り)にいる人を楽(たやすい状態)にするという意味があるそうです。

ですからお給料をもらい、家族を養う糧とすることに加え、周りにいる、お客様(利用者)、上司、同僚、部下、取引先をも楽にすることをスタッフ間で共有できるといいですね。

そうでないと、それぞれ目的が違った状態で日常の業務が行われますから、さまざまな行き違いが生じ、修正しようにも、向いている方向が違いますから、難しい状態なのだといえます。

つづく

-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

そんなときにどうするか。

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は、別の分野で学んだことを皆さんにシェア。 これまで学んできたことの一…

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

ページ上部へ戻る