介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

介護は人なり


「介護は人なり」
最近は耳にしなくなったなぁ。。。。

先日出張中に手に入れた、
「ひととき 2014年5月号」の日本ワインの特集中
(東海道山陽新幹線で無料で手に入ります)

こんな記事があった

=========ここから抜粋=======

ワインは人なり

ワインは人の顔が見える飲み物である。

ワインファンにとって大事なことは、ワイナリーに足を運ばれることである。

ワイナリーに行けば、作り手の志が分かり、畑や葡萄栽培の様子もうかがえる。

多くのワイナリーを訪れたが、結局、「ワインは人なり」というのが私の結論で、ワインは作り手次第。

優れたワインほど、作り手の個性がはっきりと込められているのだといえる。

=========ここからまで=======

最後の3行

多くの介護現場をみてきた自分にかなりしっくりきた。

介護現場に行けば、介護者の志が分かり、介護やお年寄りの様子もうかがえる。
多くの介護現場を訪れたが、結局、「介護は人なり」というのが私の結論で、介護は介護者次第(誰でもわかるか・・・)
優れた介護現場ほど、介護者の個性と工夫がはっきりと込められている。

確かに、人手不足感は半端なく、採用に苦労してることも重々承知している。

だからこそ、

目先の経験者より、志を共有できる素人を採用する

という考え方があってもいいのではないだろうか。

他業種にくらべ

自分で考え、自分で判断し、行動することが必要とされる職場なのだから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

スタッフへの声掛け

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 「声掛け」 お年寄りへの働きかけ としてよく使われる行動です。 …

ページ上部へ戻る