介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

リバウンドのない業務改善の流れ1

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは、ボトムアップ・ファシリテーターの小田昌敬です。

医療機関や介護施設を対象に行ってきたセミナー「業務に追われない7つのステップ」の内容から
リバウンドを抑えた業務改善の考え方、進め方を公開していきます。

業務改善の流れ(全体像1)

業務改善の流れ(全体像1)

 

これは、実際に私がコンサルティングに入ったときに手をつけていく順番です。若い番号ほど基礎、土台に近いと考えています。

言いかえればより若い番号項目が脆弱であれば、どれだけ良いものを積み上げていても、崩壊のリスクを抱えていると考えています。

 

たとえば、

求人のサポートを依頼されたとしても、理念や方向性の共有ができていない場合、先輩スタッフの言っていることが人によって違い、入ってきた新人が混乱します。
自律的に考え行動しようとする人ほど混乱が大きく、考えれば考えるほど苦しくなってくるようです。考えることをやめ、言われたことだけをする人が増える環境とも言えます。

「自律的に考え、行動する人」が
「人財」と呼ばれる人たちの共通点だともいます。

いてほしい人(になる可能性の高い人)が職場を去り
指示待ち人間ばかり増えていく。。。

看護・介護現場は、その場その場で判断し動かなければいけない場面が、他業種に比べ著しく多い職場です。

こんな状態は避けたいですよね
採用力Ⅳを強化する前に、内部の受け入れ態勢である、Ⅰ~Ⅲを順番に押さえていく方がリバウンドを防ぐことができると考えているのです。

では、また次回


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「欠点」?「未熟」?「伸びしろ」?

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 以前の記事「部下との面談」 では、 部下に7割喋らせろ と書きま…

山口県デイサービスセンター協議会様「管理者研修会」終了しました。

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 昨日は、山口県デイサービスセンター協議会様の管理者研修にて 「職場…

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

ページ上部へ戻る