介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

無駄か?無駄ではないか?その判断基準とは?


おはようございます、ファシリテーターの小田昌敬です。

業務改善とは
業務の効率化とは

「無駄を省く、無駄を減らす、無駄をなくす」こと
と考えることもできます。

無駄か、無駄ではないかの判断基準はどこにあるのでしょう?

それは、目的を意識できるかできないかの違いではないでしょうか。

シベリアの強制収容所では、
穴を掘っては埋め
 穴を掘っては埋め・・・

という拷問があったそうです。

日々の作業において、明確に目的を知らされることは、あまりありません。
(知らされているとすれば、エクセレント!な職場です)

でも、職場で働くことが拷問であると感じていうる人はごく少数
(で、あってほしい)。

きっと
働いている人は、そこに自ら何らかの目的を見つけ出しているのでしょう。

「目的意識をもって仕事をしなさい」
はい、その通りだと思います。

自ら見つけた目的が
チームの目指す方向であれば、もっと素晴らしいですよね。

あなたは部下に、その行動の目的を伝えていますか?

介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

そんなときにどうするか。

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は、別の分野で学んだことを皆さんにシェア。 これまで学んできたことの一…

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

ページ上部へ戻る