介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

無駄か?無駄ではないか?その判断基準とは、極めて主観的


こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。

『無駄か?無駄ではないか?その判断基準とは?』
の続きです。

業務改善、業務効率化をとは「無駄を省く、無駄を減らす、無駄をなくす」ことと考えることができます。

また介護は、次から次へとやることがある業種ですから
できるだけ効率よく短時間で目的・目標を達成するための業務の見直しとも言えます。

目標を伝えなければ、自分自身の目的に向かう判断をします。

「自分にとっての業務改善」を達成するための判断をおこなうのです。

たとえば、「お給料をもらう」ことが目的になっていると。。。

「効率よく短時間でお給料をもらう」となります。

「効率よく」とは、
できるだけ少ない投資でできるだけ多くの成果を得ることです
成果が同じなら、できるだけ投入する労力を減らすこと
を意味します。

これを踏まえると
「できるだけ動かないでお給料をもらう」

となります。

たとえば
「ご利用者の有する能力を最大限活かし、自立支援を援助する」ことが目的になっていれば
「できるだけ動かないで自立支援する」となり

「患者さまが安心と満足が得られる、快適な療養環境の整備に努める。」とこが目的になっていれば
「できるだけ少ない費用と労力で、安心と満足が得られる、快適な療養環境の整備する」となります。

目標、判断基準とは、極めて主観的なのです。
だから、目標の共有は重要なのです。

情報共有の起点となり、最も重要な情報と言える「目標」スタッフそれぞれの頭にしっかりと入っていますか?

-----------------
より良い、介護現場になるための研修プログラム例です。
 http://kaigomaster.com/?page_id=453
-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シフトが夜勤ばかりに…

パートさんの休みが多くて大変 シフトがキツイ 8月21日の研修で出てきた意見です。 このタイミングでこの記事を発見! 「シフ…

緊張の夏、基本の普通

息苦しい サウナの中で息を吸っているみたい そんな、そんな朝を神戸で迎えたファシリテーターの小田昌敬です。 今日は、神戸市…

豪華なパンフレット

こんにちは、業績改善ファシリテーターの小田昌敬です。 前回の「家賃が安いところとパンフレットが豪華なところには注意したほうがいい」…

家賃が安いところとパンフレットが豪華なところには注意したほうがいい

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 このタイトル 「家賃が安いところとパンフレットが豪華なところには注意したほ…

採用したら現場から不満がでた!

なんであんな人採用したんですか! と直接言われるのはまだまし 「うちの管理職って人を見る目がないんです。こっちがどれだけ大変かわかっ…

ページ上部へ戻る