介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

無駄か?無駄ではないか?その判断基準とは、極めて主観的


こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。

『無駄か?無駄ではないか?その判断基準とは?』
の続きです。

業務改善、業務効率化をとは「無駄を省く、無駄を減らす、無駄をなくす」ことと考えることができます。

また介護は、次から次へとやることがある業種ですから
できるだけ効率よく短時間で目的・目標を達成するための業務の見直しとも言えます。

目標を伝えなければ、自分自身の目的に向かう判断をします。

「自分にとっての業務改善」を達成するための判断をおこなうのです。

たとえば、「お給料をもらう」ことが目的になっていると。。。

「効率よく短時間でお給料をもらう」となります。

「効率よく」とは、
できるだけ少ない投資でできるだけ多くの成果を得ることです
成果が同じなら、できるだけ投入する労力を減らすこと
を意味します。

これを踏まえると
「できるだけ動かないでお給料をもらう」

となります。

たとえば
「ご利用者の有する能力を最大限活かし、自立支援を援助する」ことが目的になっていれば
「できるだけ動かないで自立支援する」となり

「患者さまが安心と満足が得られる、快適な療養環境の整備に努める。」とこが目的になっていれば
「できるだけ少ない費用と労力で、安心と満足が得られる、快適な療養環境の整備する」となります。

目標、判断基準とは、極めて主観的なのです。
だから、目標の共有は重要なのです。

情報共有の起点となり、最も重要な情報と言える「目標」スタッフそれぞれの頭にしっかりと入っていますか?

-----------------
より良い、介護現場になるための研修プログラム例です。
 http://kaigomaster.com/?page_id=453
-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

スタッフへの声掛け

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 「声掛け」 お年寄りへの働きかけ としてよく使われる行動です。 …

ページ上部へ戻る