介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

リバウンドのない業務改善の流れ 9 新しい提案は必ず反対


こんにちは、運転中トラックの後ろに突っ込み、自力脱出ができなくなった経験を持つファシリテーターの小田昌敬です。

人は基本的に変化を恐れるという性質を持っていると言われています。

変化を強制されたとき
「変わりたくない」
「違うことをしたくない」
という反応が出ることがあたりまえ。

新しいやり方や、ルールを始めるときに
反対意見が出ることは、きわめて自然な状態なんですね。

ここで、まじめな方は
「なんでわかってくれないの?」
「後ろ向きな事ばっかり言って」
「がーん」

とダメージを受けてしまうことが多いようです。

でも、これ、単なる反応です。
反射と言ってもいいくらい。

「反射」・・・人間・動物が刺激に対して,意識作用の関与なしに神経系を介して行う反応。

そう、意識の作用はないのです。

ダメージを負う方がバカらしいと思いませんか?

何か反論されたとき
あなたは、一呼吸おいていますか?

-----------------
チームの連携力を高めます。
 http://kaigomaster.com/?page_id=453
-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

そんなときにどうするか。

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は、別の分野で学んだことを皆さんにシェア。 これまで学んできたことの一…

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

ページ上部へ戻る