介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

リバウンドのない業務改善の流れ 10 新しい提案は恐怖?


おはようございます、癒し系存在になりたいファシリテーターの小田昌敬です。

前回の『リバウンドのない業務改善の流れ 9 新しい提案は必ず反対』

人は基本的に変化を恐れるという性質を持っている。

だから、

新しい提案は必ず反対される。

しかも

そこに、意図はない

だから

反対された、分かってくれないと
ダメージを受ける必要はない

と書いたところ、
早速、質問というか突っ込みをいただきました。

ダメージを受ける必要がないことは
「そうか!」って思いました。
でも、反対されないこともあります!
知りたいのは、反対されない方法なんです。

はい、待ってました。

その境目は
「恐れ」の感情が芽生えるか芽生えないか
だと私は思っています。

「たいしたことない」
という印象なら、反対されない。
というシンプルなお話しなのです。

そこに、
「得体のしれないものほど恐怖を感じる」法則があります。

幽霊(存在するかしないかの議論はさておき)は
目に見えない、何をする分からないから
怖い

新しい提案の、
何が起こるかわからないという無知が

「なんでやらなきゃいけないんですか?」
「無理です」
「そんな時間ありません」

という反応を引き出している
場合が多いようです。

そのあたりが意識できると
あなたの提案が共感され、協力される可能性は
ぐっと上がってきます。

あなたは、部下の目線で、部下がわかる言葉を使って説明していますか?

-----------------
報連相強化、連携力向上を提供しています。
 http://kaigomaster.com/?page_id=453
-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

そんなときにどうするか。

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は、別の分野で学んだことを皆さんにシェア。 これまで学んできたことの一…

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

ページ上部へ戻る