介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

リバウンドのない業務改善の流れ 11 介護と作業


おはようございます。
いて欲しい人が辞めない職場を作る、ファシリテーターの小田昌敬です。

仕事の連携力を高め、効率をあげるうえで、言語の共通理解はとても大切です。

では、
『介護』ってどいう意味なのでしょうか?

色々な方が、定義されてはいますが

介護現場で仕事をしている

「介護」とは、「お年寄りと直接接することだけではなく、見えたり、聞こえたりすることすべて」というとらえ方をおススメしています。

この考え方では、
おむつ交換はもちろん、
気配や足音などがお年寄りに認知されているならば
廊下を歩くことも「介護」に含まれます。

そして、「作業」を「介護」以外のすべての業務と定義すると

「作業」は出来るだけ効率化する
「介護」はゆったりと時間を取る

というシンプルな判断基準になります。

言い換えれば、お年寄りに影響を与える「介護・看護」をゆったりと行うために「作業」を効率化、短時間化するという考え

ここを抑えておくと、ともすれば職員都合になりがちな業務改善などの会議で、お年寄りに我慢を強いたり、悪影響を与えることを避けることができます。

学術的な定義はさておき、判断をシンプルにするために、普段使っている言葉を再定義してはいかがでしょう?

業務改善という名目の元、お年寄りに苦しみを与えていませんか?

-----------------
報連相強化、連携力向上を提供しています。
 http://kaigomaster.com/?page_id=453
-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

混乱

「認知症」を「にんち」と言っていません? 新人が知らない単語のおまけ(略語編

新人の知らない単語 の補足です。 略語は、専門(業界)用語の最も進化した形態といえます。 そんため、新人(特に他業種から来た人)に…

新人が知らない単語集

思い出してください。 入職して間もないころ・・・・ 先輩たちが、話す言葉がわからない あまりにも普通に使うので、質問できない空気だ…

業務改善4つの視点「掛け算思考」

研修でもお伝えしている、掛け算思考の解説です。 特に介護現場リーダーやマネジメント層の方におすすめです。 40項目のチェックシートも…

PDCAを回す? 不都合な事実

何か仕事を進める上で、 PDCAは基本であり当たり前とされている。 1.計画を建て 2.実行して 3.計画と照らし合わせて、結果を点…

ページ上部へ戻る