介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

リバウンドのない業務改善の流れ 12取り組みの順番


おはようございます。

いて欲しい人が辞めない職場を作る、ファシリテーターの小田昌敬です。

職場をもっとよくしたい!
もっとお年寄りのためになることをしたい

と思っているあなたから見るて

チームに
新しいことにどんどんチャレンジするムードがない、
なんだかんだと新しいことを避ける雰囲気があると感じているのであれば。

仮に効果は低くても
取り組みやすいもの

から取り組むことをおススメします。

これには、
成功体験を積み重ねる、
成長を実感できる、

など心理的に良い影響を与えます。

数をこなしていくうちに

変化していくことが
当たり前になる。

勝グセ
ならぬ
改善グセ が 組織の風土になってくる。。。

リスク管理は重要ですが
「いいね、それやってみよう!」
という、雰囲気を創りだすことを意識して行ってくださいね。

職場のモチベーションもグッと上がってきますよ!

申し送りや会議の場面での気づきを活かして
「スグに取り掛かれる改善」毎日一つ見つけてくださいね。

-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

スタッフへの声掛け

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 「声掛け」 お年寄りへの働きかけ としてよく使われる行動です。 …

ページ上部へ戻る