介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

「母の世話にイライラした」暴行し死なせた疑い、容疑の60歳女を逮捕


また、残念な事件がおこりました。

介護していた母親に暴力を振るって死なせたとして、警視庁本所署は、傷害致死の疑いで、東京都墨田区錦糸、無職、木村美代子容疑者(60)を逮捕した。同署によると、「母の身の回りの世話にイライラしてしまい、週に3、4回は殴っていた」と容疑を認めている。

「寝たきり」と書かれているので
ケアマネージャーやヘルパーなどとのかかわりがあったと予想される。
(利用していないのであれば、それはなぜなんだろう?)

身体介護を指定場、体にある小さな異変
に気づけなかったのだろうか?
記録されていないのだろうか?
記録されていても、周囲は気づかなかったのだろうか?

専門職の目で、小さな異変に気づき
追い込まれないように手を打っていく

厚生労働省においては、2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

「可能な限り」の境界線を越えるのは一瞬かもしれない。
朝には大丈夫でも夜には超えているかもしれない

素人依存度が高くなっていく中で
専門職に求められる責任は重くなっていく。。。

-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

スタッフへの声掛け

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 「声掛け」 お年寄りへの働きかけ としてよく使われる行動です。 …

ページ上部へ戻る