介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

「母の世話にイライラした」暴行し死なせた疑い、容疑の60歳女を逮捕


また、残念な事件がおこりました。

介護していた母親に暴力を振るって死なせたとして、警視庁本所署は、傷害致死の疑いで、東京都墨田区錦糸、無職、木村美代子容疑者(60)を逮捕した。同署によると、「母の身の回りの世話にイライラしてしまい、週に3、4回は殴っていた」と容疑を認めている。

「寝たきり」と書かれているので
ケアマネージャーやヘルパーなどとのかかわりがあったと予想される。
(利用していないのであれば、それはなぜなんだろう?)

身体介護を指定場、体にある小さな異変
に気づけなかったのだろうか?
記録されていないのだろうか?
記録されていても、周囲は気づかなかったのだろうか?

専門職の目で、小さな異変に気づき
追い込まれないように手を打っていく

厚生労働省においては、2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

「可能な限り」の境界線を越えるのは一瞬かもしれない。
朝には大丈夫でも夜には超えているかもしれない

素人依存度が高くなっていく中で
専門職に求められる責任は重くなっていく。。。

-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悲劇「エースの退職」を起こさない業務改善

業務改善を進めていて 嫌なことの一つにリバウンドがあります。 業界全体に人手不足感があり 「募集をして…

「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の日程(2018年1月〜3月)

お茶の水ケア学院主催 「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の開催日程が更新されました。 業務改善の4分野描く10項目のチェッ…

残念なチーム

残念です、お話をきいていて。 真面目に本質的な課題に取り組もうとした人がスポイルされる組織。 上司がBad News Firstしろ…

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

混乱

「認知症」を「にんち」と言っていません? 新人が知らない単語のおまけ(略語編

新人の知らない単語 の補足です。 略語は、専門(業界)用語の最も進化した形態といえます。 そんため、新人(特に他業種から来た人)に…

ページ上部へ戻る