介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

最近の記事

  1. PDCA

    2018.06.14

    PDCAの強さ
  2. 2018.06.12

    部下との面談
  3. 2018.06.11

    誤ったら謝る

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

リバウンドのない業務改善の流れ2

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。

今回は、身の丈にあった業務改善の考え方についてです。
図のように「仕事」は「仕組」によって支えられています。その「仕組」は「環境」と「考え方」に支えられていると考えています。
sankaku1

「環境」とは建物、構造、物品や人など物理的な条件。「考え方」とは、スタッフ個人として、また集団として考え方を浸透しているか、統一した意識で動いているかを示しています。ですから、「仕事」がうまく回っていないときには、「仕組」を「環境」が支え切っていないか、「考え方」や意識が低下していいないかをチェックしているのです。実際には、「環境」と「考え方」は密接に絡まっているので図のように明確に分けることは難しいかもしれません。

業務改善とは、概ね狙う成果に比例して変化を伴います。この変化が、組織そのものを崩壊させてしまっては意味がないため、自分たちの耐性をこえないという視点も大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

うまくいかなかった時の対応法

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 何かを試みて うまくいかないこと、あると思います…

メルマガ【先人たちの元気の出る言葉】より「失敗した時は」

「失敗した時は、  必要な経験を積んでいるんだ、  教えてもらっているんだ         と思うことだね。」 …

ページ上部へ戻る