介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

ケガは悪いことばかりじゃない。


ケガは悪いことばかりじゃない。
「このままでは終われない」
「もっとすごい選手になって戻ってみせる」
という強い気持ちがエネルギーになるんです。

BY 松井秀喜  

毎日、自分の能力をギリギリまで出し切っていると

怪我や事故、疲労と出会うこともあるでしょう。

ギリギリまで力を出しながら

体も心も健全な状態を保ちながら限界の
パフォーマンスを出そうと思えば

限界を超える事もある。

それによって
限界を超える、キャパシティを超えそうな前兆を知る。

こうやって、

やり方を工夫するようになるんだと思います。

チームで課題に挑む大切さを学ぶのだとおもいます。

人は能力を徐々に引き上げていくんだと思います。

怪我をして、学べることはたくさんありますね。

看護師さんは、こちらも見てね!
「看護主任、看護師長専用チームビルディングノート」


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マスコミの煽り報道に試みだされるな!新型コロナウイルスの情報源

こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。 連日、中国から発生し全世界に広がった 新型コロナウイルス テレビ番組、新聞、雑誌で連…

介護と作業

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 現場で業務改善とは お客様へのサービスを向上させる スタッフの手間を減ら…

ケアマネージャー1月号

サビ担ってどうやって仕切ればいいの?

「サビ担をうまく仕切れるファシリテーションをおしえてください。」 社名をファシリテーター株式会社にしているせいか サービス担当者会議…

約4人に一人が人間関係で退職している

「約4人に一人が人間関係で退職している」 世の中は「あなたらしさ」「個性を大切に」「自分らしくはたらく」と言う言葉が躍っています。 …

職場で必要とされるもっと価値ある自分になる の目次

10月9日に発売する 「介護職のための新入社員研修テキスト マインド&マナー編」  ~職場で必要とされるもっと価値ある自分になる~ …

ページ上部へ戻る