介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

スタンダード(基準)を守る


おはようございます、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。

スタンダード(基準)を守る
中間管理職が絶対に果たさなければならない役目とは、その部署や現場のスタンダード(基準)を守ることです。
つまり、会社がその部署や現場に対して与えている役割を、きちんと果たせるようにすることです。

勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考 (講談社BIZ)/講談社

うちのチームでは、
この作業は、どれくらいの時間で行うのか
合格点はどのラインなのか

チームで仕事をしていくためには、スタンダード(基準)が必要です。

「作法」という言葉があります。
茶道など一連の動作の流れ、手順を考えることができます。

そこには、基準と合格点がありますよね。
無駄を排し、見て美しい
合理的な動きとも言われています。
介護には
「美しさ」までは求めなくてもよいかもしれません。
不快感をあたえない程度でよいかもしれません

あなたは、あなたの職場の基準を知っていますか?

多くの場合
手順書やマニュアルと言う形でまとめてあります。

そこには、基準が明確な形で記されていますか?

後輩が来たとき、説明ができますか?

現場でそれぞれが適切に判断し動くチームになるために・・・

基準は必須です。

スタンダード(基準)を明確にすることが
介護の質を担保する近道なのではないでしょうか?

-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。

看護師さんは、こちらも見てね!
「看護主任、看護師長専用チームビルディングノート」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去と現在と想像の区別がつかない脳

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 今日は脳のお話を タイトルの通り 脳は過去と現在、想像と現実の区別が…

こんにちは、業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 沖縄からこんなハガキが届きました。 「恩送りカード」 沖縄のブッ…

これも、いずれ過ぎゆくものだ

こんにちは ファシリテーターの小田昌敬です。 きょうは、自戒の意味もこめて、ある本の一説を 私に出会った人物が、 私を傷つけ…

選ばれる事業所:社風と方向性

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 ちょっと前から話題になっている LCC(格安航空会社)バニラエアの機内アナウ…

スタッフへの声掛け

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 「声掛け」 お年寄りへの働きかけ としてよく使われる行動です。 …

ページ上部へ戻る