介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

安心、安全、信頼の考え方がe-ラーニングjになりました。

【今すぐ購入する】

ブログランキング参加中

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

相談援助&業務マネジメント「会議に活かす!スムーズに進行させるファシリテーション技術」


こんにちは、ファシリテーターの小田昌敬です。

先ほど、日総研さんの「相談援助&業務マネジメント11月号」の特集記事の校正を終えました。

ふぅ

「会議に活かす!スムーズに進行させるファシリテーション技術」のうち
 ●事例で理解! 対立した意見をまとめる!
  合意形成に有効なファシリテーション
 ●中立的な立場の相談員だからできる
  ファシリテーション技術を用いたスムーズな会議の進め方

を担当させていたいただきましたが、正直かなりの難産でした。

それは、多くの方がファシリテーションを会議を仕切る技術だと思っているからです。

極端な例では
「(自分の)意図した結論に持っていく技術」という解釈の方も・・・
(これ↑って、私のなかではプレゼンテーションという解釈なんですけどね)

本来、ファシリテーションとは会議にとどまらない概念を持っており
会議の進行技術と言う狭い範囲で観た場合も、
参加メンバーの合意を素早く引き出すというニュアンスが強く
狙った結論を出すこととは、必ずしも一致しないんですよね。

私個人としては、
・狙った結論に導くトップダウン型会議も
・出席者の自主性を重んじたボトムアップ型も
どっちも「あり」です。

だからこそ、
プレゼンテーション型会議(トップダウン向き)

ファシリテーション型会議(ボトムアップ向き)
と分けて、考え、その組み立て方も進行も異なる
ことをお伝えしてるんですけどね。

さて、
特集の内容ですが
 ●事例で理解! 対立した意見をまとめる!
  合意形成に有効なファシリテーション

   1.なぜ対立した意見が出るのか
   ・会議は○○な意見が出ることが望ましい。
   ・対立しているのは感情
   ・食い違っているのは優先順位
   2.対立を作らないファシリテーション技術
   ・予防が一番
   ・場のデザイン
   ・議題、目標、ゴールの設定
   ・機能の切り分け
  
  ●中立的な立場の相談員だからできる
  ファシリテーション技術を用いたスムーズな会議の進め方

   ・孤独な相談員は板挟み?
   ・板挟みの相談員だからこそできることがある
   ・看護と介護の対立
   ・事例で学ぶファシテーション技術
    1.上司が気分次第で会議を進める
    2.家族間が不仲でトラブルが絶えない
    3.見取りの実践における介護職と看護職の意見の食い違い
   
 是非、読んでみてくださいね!

-----------------
介護マスタードットコムはランキングに参加しています。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
こちらのアイコンと下の「いいね」をポチっと押していただけると嬉しいです。

看護師さんは、こちらも見てね!
「看護主任、看護師長専用チームビルディングノート」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

混乱

「認知症」を「にんち」と言っていません? 新人が知らない単語のおまけ(略語編

新人の知らない単語 の補足です。 略語は、専門(業界)用語の最も進化した形態といえます。 そんため、新人(特に他業種から来た人)に…

新人が知らない単語集

思い出してください。 入職して間もないころ・・・・ 先輩たちが、話す言葉がわからない あまりにも普通に使うので、質問できない空気だ…

業務改善4つの視点「掛け算思考」

研修でもお伝えしている、掛け算思考の解説です。 特に介護現場リーダーやマネジメント層の方におすすめです。 40項目のチェックシートも…

PDCAを回す? 不都合な事実

何か仕事を進める上で、 PDCAは基本であり当たり前とされている。 1.計画を建て 2.実行して 3.計画と照らし合わせて、結果を点…

ページ上部へ戻る