介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

介護・医療関連最新ニュース集


大阪湾で「貝毒」猛威…規制値の42倍、瀬戸内に拡大
 アサリやトリガイなどの二枚貝で発生する貝毒が大阪湾を中心に瀬戸内海で猛威を振るっている。大阪湾では国の規制値の42倍の毒素を検出し、兵庫県西部で35年ぶり、岡山県東部でも32年ぶりに発生。冬場の気象条件が貝毒の原因となるプランクトンの大量繁殖につながったとみられ、貝類の漁業者やシーズンを迎えた潮干狩り会場の運営者に懸念が広がっている。 口や手足しびれ…8~59個食べれば致死量  「貝を食べて意識がもうろうとしている」。3月5日、大阪府泉南市の 樫井(かしい) 川河口で採れたアサリを食べた同府田尻町の男性が、家族の119番で救急搬送された。友人からもらった約30個を塩ゆでして食べた後、口や手足がしびれ、入院を余儀なくされた。  貝毒は例年、大阪湾で水温が上がり始める3月以降に発生し、5~7月頃まで続く。今年は、1か月ほど早い2月中旬、大阪府阪南市で採取されたアサリで規制値を超え、2月下旬から3月にかけて兵庫県東部などに拡大。4月には例年被害が出ない同県西部や岡山県東部に広がった。  今月3日、阪南市の 男里(おのさと) 川河口で府が採取したアサリからは、規制値の42倍にあたる貝毒が検出された。体重60キロの大人がむき身を8~59個食べれば、致死量に達するレベルだ。  今年は西にも影響が広がっているのが特徴で、香川県沖や徳島県沖でも例年より高い数値が出ている。 有害プランクトンが急増  要因とされるのが冬場の寒さだ。大阪府立環境農林水産総合研究所によると、水温が上昇に転じると貝毒を引き起こす有害プランクトンが増殖を始める。今年は1月下旬から2月上旬の水温が平年より2度ほど低く、これが2月半ばに平年並みに戻って増殖時期が早まり、大量繁殖につながったとみられる。  大阪湾では近年、有害プランクトンが増加し、2002年からほぼ毎年検出している。同研究所によると、下水道の普及で水質浄化が進み、海水が貧栄養化。低栄養でも増殖する有害プランクトンが勢力を増していると考えられるという。3月26日に大阪湾で採取された有害プランクトンは、海水1ミリ・リットル当たり約4700個と例年の20倍だった。 貝類の出荷取りやめ…潮干狩りのアサリは回収、九州産と交換 二色の浜で採取されたアサリと交換された九州産アサリ(手前)(14日、大阪府貝塚市で)=宇那木健一撮影  貝類の出荷取りやめを余儀なくされた漁業者には不安が広がる。マガキ産地の兵庫県赤穂市では、シーズン終盤に入った3月末頃から出荷を自主規制。赤穂市漁協の平田一典参事は「これまで貝毒とは無縁だった。来シーズンがどうなるか不安だ」と嘆く。アカガイやトリガイの産地、大阪府阪南、泉佐野両市でも2月から出荷できない状態で、阪南市の漁師南佳典さん(56)は「トリガイは春が一番うまい。出荷できないのは残念」と話した。  4月14日に潮干狩りが解禁された大阪府貝塚市の二色の浜では、客が採ったアサリを全て回収し、安全な九州産に交換。20日解禁の 淡輪(たんのわ) (岬町)、21日解禁の 箱作(はこつくり) (阪南市)の両海水浴場でも同様の措置を取る。二色の浜観光協会の担当者は「府は原因を突き止め、安全なアサリが採れる海に戻して」と訴える。1日に潮干狩りが始まった兵庫県姫路市の的形海水浴場でも九州産と換えている。 「加熱しても毒消えず」  同研究所の山本圭吾主幹研究員は「貝毒は加熱や洗浄では消えない。貝毒が発生している地域の二枚貝は、安全宣言が出るまで食べないようにしてほしい」と呼びかけている。           ◇ 【貝毒】  毒性のある植物性プランクトン「渦鞭毛藻(うずべんもうそう)類」をアサリ、シジミ、マガキ、アカガイ、トリガイなどの二枚貝が摂取して体内に蓄積することで発生。魚や巻き貝に影響はない。貝を大量に人が食べると手足などがしびれ、呼吸困難などで死に至ることもある。国の規制値の1グラムあたり4マウスユニット(MU)(1MUは体重20グラムのマウスを15分で死なせる量)を超えれば出荷制限などの措置がとられる。 [...]
木, 4月 19, 2018
Source 読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」
 沖縄県で麻疹(はしか)が流行し、他地域への感染拡大が懸念されている。感染リスクのある海外への旅行者が増える大型連休を控え、専門家は「必要な人はワクチン接種の検討を」と注意を呼びかけている。  はしかは、発熱や全身の発疹、せきなどの症状が出る。感染力が非常に強く、患者と同じ室内にいるだけでうつる恐れがある。  沖縄県内では、3月20日に台湾からの男性旅行者がはしかと診断されて以降、計65人(18日現在)に感染が拡大した。沖縄旅行をした埼玉県の学校に通う10代男性への感染も11日確認された。男性は新幹線などで移動していた。  はしかの予防にはワクチンの2回接種が勧められている。厚生労働省によると、多くの人は就学前の予防接種や自然感染で免疫がある。ただ、1回の接種にとどまっていたり、全くワクチン注射を受けていなかったりする人が5%程度いるという。 [...]
木, 4月 19, 2018
Source 読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」
バリアフリー法と駐車スペースを持つ施設. 平成18年に【高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)】が施行され、多数の人が利用する施設付帯の駐車場については、障害があっても利用しやすいものとするよう定められています。その結果、障害者用駐車スペースが明確に定義さ ... [...]
木, 4月 19, 2018
Source 親ケア ニュースの杜
 厚生労働省は18日、小児がん拠点病院に、AYA(アヤ)(思春期・若年成人)世代のがん患者への医療や相談支援体制を整備することを決めた。この日開かれた同省の有識者会議に示し、了承を得た。  また、拠点病院と連携して治療する「小児がん連携病院(仮称)」を全国に設けることも決まった。  拠点病院は、小児がんの治療や社会的な支援を地域で中心になって担う医療機関として、国が2013年に15か所を指定した。集約化が進み、質の高い医療が提供できるようになった一方、進学や就労の時期と重なり、社会的支援が必要なAYA世代のがん患者への対応や、地域の他の医療機関との連携に課題があると指摘されていた。  同省は来年4月、こうした課題に対応できる拠点病院を改めて指定する方針。           ◇   AYA =Adolescent and Young Adult [...]
木, 4月 19, 2018
Source 読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」
 原子力規制委員会は18日の定例会合で、原子力災害に備えた被曝(ひばく)医療体制を見直す方針を決めた。  重症患者を受け入れる全国5施設の「高度被ばく医療支援センター」のうち、放射線医学総合研究所(千葉市)を中核施設に指定。他の施設の医師らの研修を行うなどして、全体の医療レベルの底上げを図る。今年度内にも改定される原子力災害対策指針に盛り込まれる予定。 [...]
木, 4月 19, 2018
Source 読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」

 
====厚生労働省ホームページより====

業務手順書のお手本

私が業務改善関連講座で、細分化のお手本として紹介する業務手順書のページです。 おむつ交換のマニュアル、業務手順書づくりのプロがつくると…

悲劇「エースの退職」を起こさない業務改善

業務改善を進めていて 嫌なことの一つにリバウンドがあります。 業界全体に人手不足感があり 「募集をして…

「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の日程(2018年1月〜3月)

お茶の水ケア学院主催 「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の開催日程が更新されました。 業務改善の4分野描く10項目のチェッ…

残念なチーム

残念です、お話をきいていて。 真面目に本質的な課題に取り組もうとした人がスポイルされる組織。 上司がBad News Firstしろ…

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

ページ上部へ戻る