介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

介護・医療関連最新ニュース集

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

仕事を続けたかったのに家族の介護で離職した人のうち、再就職したのは30・2%にとどまることが19日、総務省の調査で分かった。ようやく仕事が見つかっても正規から非正規に転じるケースが多く、同省は厚生労働省に対し、家族介護者に焦点を当てた就職支援の検討を勧告 ... [...]
月, 6月 18, 2018
Source 親ケア ニュースの杜
子育てや親族の介護、看護が重なる「ダブルケア」の問題が表面化する中、三十年前の結婚直後からこの問題に直面してきた川崎市宮前区の栗橋登志さん(58)が十七日、高津区の市男女共同参画センター(すくらむ2 ... 記事全文を読む ❯ ... [...]
月, 6月 18, 2018
Source 親ケア ニュースの杜
子育てや親族の介護、看護が重なる「ダブルケア」の問題が表面化する中、三十年前の結婚直後からこの問題に直面してきた川崎市宮前区の栗橋登志さん(58)が十七日、高津区の市男女共同参画センター(すくらむ21)で開かれた「女性が語るトークサロン」で自らの経験を ... [...]
月, 6月 18, 2018
Source 親ケア ニュースの杜
作業療法士は、病気や加齢による障害をケアする医療者。生活や人生をその人らしく営めるよう技術や工夫を駆使して、サポートするプロだ。認知症の症状や心の状態も熟知し、介護に悩む家族にとっては力強い味方となる。 作業療法士が行う、病院や介護施設での作業療法は、 ... [...]
月, 6月 18, 2018
Source 親ケア ニュースの杜
 認知症の人やその家族を支える「認知症サポーター」が2017年度末で、1000万人を超えた。サポーターを養成する「全国キャラバン・メイト連絡協議会」(東京)が公表した。国は20年度末までに、1200万人の養成を目指している。  厚生労働省の委託を受け、認知症サポーターの養成が始まったのは05年度。全国で行われる講座で、認知症についての基本的知識や対応の仕方を、90分程度学ぶことで認定され、修了者はオレンジ色のブレスレットを受け取れる。  同協議会によると、今年3月末時点のサポーター数は、1000万2300人。性別では、女性が611万8592人と、6割超を占めた。年齢別では、70歳代以上が214万9215人で最多。次いで、10歳代以下の210万12人だった。小学校では、「総合的な学習の時間」を活用しているケースが多いという。 [...]
月, 6月 18, 2018
Source 読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」

 
====厚生労働省ホームページより====

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

うまくいかなかった時の対応法

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 何かを試みて うまくいかないこと、あると思います…

メルマガ【先人たちの元気の出る言葉】より「失敗した時は」

「失敗した時は、  必要な経験を積んでいるんだ、  教えてもらっているんだ         と思うことだね。」 …

ページ上部へ戻る