介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

意見と結論の出える会議の進め方


対象:全職員     標準時間:3時間~(4か月プロジェクトをお勧めします)

<概要>

さまざまな「会議」が行われていますが、その成果は出ていますか?「意見が出ない」の場合、出席するメンバーの力量(能力×決済権)と議題のバランスを見る。「対立が起こる」場合は、感情的な対立を起こさせない進行など、会議には組み立て方があります。

<内容>

○会議がつまらなくなる、根本的原因とは?
○「意見が出ない」傾向と対策
○「脱線する」傾向と対策
○「対立」傾向と対策
○「演説する上司」傾向と対策
○「結論が出ない」傾向と対策
○「実行されない」その構造と理解
○会議の組み立てて方
○議題設定で成果は大きく変わる
○会議進行の技術
○ワークショップ、実技
など、ご希望の時間にあわせて、内容を構成いたします。

悲劇「エースの退職」を起こさない業務改善

業務改善を進めていて 嫌なことの一つにリバウンドがあります。 業界全体に人手不足感があり 「募集をして…

「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の日程(2018年1月〜3月)

お茶の水ケア学院主催 「介護リーダーに必要な業務改善のための4つの力」の開催日程が更新されました。 業務改善の4分野描く10項目のチェッ…

残念なチーム

残念です、お話をきいていて。 真面目に本質的な課題に取り組もうとした人がスポイルされる組織。 上司がBad News Firstしろ…

業務改善のための「4つの視点チェックシート」バージョンアップしました。

現行バージョンは 3.11です。 介護現場の状況に合わせてマイナーバージョンアップしました。 業務改善のための「4つの視点チェックシ…

混乱

「認知症」を「にんち」と言っていません? 新人が知らない単語のおまけ(略語編

新人の知らない単語 の補足です。 略語は、専門(業界)用語の最も進化した形態といえます。 そんため、新人(特に他業種から来た人)に…

ページ上部へ戻る