介護をより良くするリーダーのための介護マスター

介護現場を成長させたいあなたへ

© 介護をより良くするリーダーのための介護マスター All rights reserved.

意見と結論の出える会議の進め方

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

対象:全職員     標準時間:3時間~(4か月プロジェクトをお勧めします)

<概要>

さまざまな「会議」が行われていますが、その成果は出ていますか?「意見が出ない」の場合、出席するメンバーの力量(能力×決済権)と議題のバランスを見る。「対立が起こる」場合は、感情的な対立を起こさせない進行など、会議には組み立て方があります。

<内容>

○会議がつまらなくなる、根本的原因とは?
○「意見が出ない」傾向と対策
○「脱線する」傾向と対策
○「対立」傾向と対策
○「演説する上司」傾向と対策
○「結論が出ない」傾向と対策
○「実行されない」その構造と理解
○会議の組み立てて方
○議題設定で成果は大きく変わる
○会議進行の技術
○ワークショップ、実技
など、ご希望の時間にあわせて、内容を構成いたします。

PDCA

PDCAの強さ

こんにちは、 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 約一年前に「PDCAを回す? 不都合な事実」という記事を書いています。 …

部下との面談

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 あなたの事業所では、面談行なわれていますか? していないのであれば、ぜひ…

誤ったら謝る

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 判断を誤ってしまう事 失敗することは誰にでもあります リーダー…

うまくいかなかった時の対応法

こんにちは 業務改善ファシリテーターの小田昌敬です。 何かを試みて うまくいかないこと、あると思います…

メルマガ【先人たちの元気の出る言葉】より「失敗した時は」

「失敗した時は、  必要な経験を積んでいるんだ、  教えてもらっているんだ         と思うことだね。」 …

ページ上部へ戻る